学会発表 -AMH0.02未満, FSH100 初回採卵移植で妊娠-

2020年12月開催予定の日本生殖医学会学術講演会で早発卵巣不全の妊娠症例を報告予定です。

初診の時点で月経停止から5年経過しており、AMH 0.02未満(測定感度未満), FSH 約100と極めて難しい症例でした。

当院初診から1年弱、試行錯誤し、ようやく1個の卵胞を発育させることに成功しました。
不規則に発育した卵胞に対し、知識と経験を総動員して採卵日を決定し、初回の採卵とそれに続く新鮮胚移植で妊娠成立しました。

1周期も休むことなく治療を続け、色々な治療方法に積極的にトライして下さったのが勝因だと感じています。

難治性不妊の方も一度当院へご相談ください。
一緒に解決方法を探しましょう。

関連記事

  1. 着床前診断(PGT-A)

    着床前診断のデメリット・費用・産み分け・正常卵の妊娠率

  2. あいARTクリニック金沢治療費

    Q6.なぜ自費の治療費を抑えられるのでしょうか?

  3. 多嚢胞卵巣症候群PCOS

    多囊胞性卵巣症候群(PCOS)

  4. 妊娠初期エコー、正常、胎嚢、流産

    妊娠初期の超音波正常所見

  5. AMH卵巣予備能卵巣年齢

    AMH -自分の卵巣を知る-

  6. 不妊治療妊活サプリメント

    サプリメント -補助医療にもエビデンスを-

PAGE TOP