妊娠初期の超音波正常所見

妊娠初期の超音波エコー正常所見 

①胎囊(GS)…妊娠4w前半~5w末に見え始めます。
中はお水(絨毛膜腔の貯留液)で満たされています(水分はエコーで黒くうつります)。
細長かったり一部くぼんでいたり、胎囊が卵型でないことを心配される方もいますが、「張り」(中のお水がどんどん増えている印象)があれば心配不要です。初期の胎囊はとても柔らかく、広がりやすい方向に成長しますが、最終的には羊水が次々産生されて中の圧が高まり、周囲を押し広げて大きく成長しますのでご安心ください。

②卵黄囊(YS)…まずは胎囊内に白いリングが観察されます。

③心拍(FHB)…5w後半~6w末に卵黄囊に接してピコピコ動く心拍像が観察されます。

④胎芽…心拍から遅れること数日、米粒のような形の赤ちゃんの姿が観察されます。

⑤胎児…胎芽は10w以降、胎児と呼ばれます。
胎児心拍は5wに1分間90~100回で始まり、9wに1分間170~180回でピークを迎え、以後は少しずつ減少して16wには1分間150回に落ち着きます。
頭殿長(CRL)は8w前半で15mm, 9wで20mm, 10wで30mmが目安です。

関連記事

  1. あいARTクリニック金沢治療費

    Q6.なぜ自費の治療費を抑えられるのでしょうか?

  2. あいARTクリニック金沢予約

    Q4. 紹介状など初診時に必要な物はありますか?

  3. 不妊治療革命、治療費と成績

    不妊治療革命 -治療費と成績の明確化-

  4. 流産絨毛染色体検査あいARTクリニック吸引法

    万一流産してしまっても

  5. 着床前診断(PGT-A)

    着床前診断のデメリット・費用・産み分け・正常卵の妊娠率

  6. AMH低い、早発閉経、卵巣不全

    学会発表 -AMH0.02未満, FSH100 初回採卵移植…

PAGE TOP